Menu

一般整形

Home

一般整形

整形外科は主に骨・関節・靱帯・筋肉・脊椎脊髄・神経などの運動器の治療を行います。
具体的な症状や疾患は下のようなものがあります。

首の痛み

首の痛み

痛みが続く場合は頸椎の神経根や脊髄の圧迫による場合があります。
神経症状の有無に合わせた治療を提案します。

肩の痛み

肩の痛み

五十肩が代表的疾患ですが、夜間に痛みが強い場合や関節の動きの制限が強い場合は適切な薬物療法やリハビリテーションが大切です。

手のしびれ

手のしびれ

神経の圧迫や炎症によって起こる場合が多いですが、まずは頸椎疾患や手根管症候群などの鑑別のための神経所見の診察が必要です。

腰の痛み

腰の痛み

筋肉、椎間板、関節、骨、神経など痛みは色々な原因で生じます。
下肢までのしびれや痛みを伴っている場合は神経が圧迫されている場合であり、腰椎椎間板ヘルニアや腰部脊柱管狭窄症などがあります。
神経痛が強い場合は、硬膜外ブロックや神経根ブロックなどのブロック療法も行います。
高齢者が、寝起きなどの動作で強い腰痛を訴える場合は、転倒や重い物を持った記憶がなくても圧迫骨折を起こしている時がありレントゲン検査による診断が必要です。

膝の痛み

膝の痛み

加齢に伴う関節軟骨の摩耗による痛みに対しては、ヒアルロン酸の関節注入を行っています。

関節リウマチ

関節リウマチ

自分の身体を守る免疫機構が異常をきたし、自分の関節を攻撃し関節炎、関節破壊を起こしてくる疾患です。
治療は抗リウマチ薬などの薬物治療が中心ですが、症例によっては近年導入された生物学的製剤を使用する場合もあります。

骨粗鬆症

骨粗鬆症

骨が脆くなることで腰痛などの痛みや骨折が起こりやすくなります。
特に骨折により寝たきりとなる場合もあり、自分の骨密度を把握し、必要に応じた薬物療法が必要です。

スポーツ障害

スポーツ障害

成長期の学生のスポーツによる骨軟骨障害には、オスグッド病、シンスプリント、疲労骨折、野球肘、腰椎分離症など、年齢、スポーツの種類などにより様々なものがあります。
確実な診断を行うためにはレントゲンだけでなくMRI撮影も必要となる場合もあります。
疼痛に対する初期治療とともに障害の原因に対するメディカルチェックやスポーツ復帰に向けたアスレチックリハビリテーション、テーピングの指導を行っています。

エコー

エコー

骨折やスポーツ障害の診断、治療の補助手段として使用しています。

医療法人おおた整形外科クリニック 徳島県美馬市脇町馬木1176-3 TEL:0883-53-2576 お気軽にご連絡ください。お問い合わせはお電話ください。